2016年05月02日

おやすみの音楽 ガブリエル・フォーレの子守唄

ブログ更新をサボってたんで3連発目を。
フランス語を話すんでフランス人なんですかね
Renaud Capuçonというヴァイオリニストが演奏する
フランスの作曲家フォーレの子守唄。

A線に弱音器を着けてという指示通りにしてますね(笑)
とても美しい曲で昔から大好きなんです。
ジャック・ティボーとコルトーのアナログレコードで知りました。
他の作曲家の曲もそうですが子守唄って
小難しさがなく素直な美しさが素晴らしいです。
ショパンのやつも好きだな〜
もう明日ライブやるんで今晩はこれを子守唄に眠ります。
おやすみなさい・・・・・・
posted by まやの助 at 23:16| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ええ、ミーハーですとも その4 (Baby Metalにハマるの巻)

うっかりこの動画を観たのがいけなかった。


まぁ巷で話題になってたんでラジオで耳にしたりはしてたんですけど、このバンドはレコーディング物よりもライブのほうが凄いな。とにかくまず初めは「これは一体何なんだ?」といった戸惑いを感じる人が多いと思います。戸惑いを解明したいがために何度もリピートしている内に気付いたらハマっていたというパターンなんじゃないかな?
アイドルに興味なし、ヘビーメタルは中学生の時点で飽きた、でもこの2つが混ざると新しい味になるから面白い。最近の職場での雑談は専ら3億円の借金を持つモモクロファンとbaby metalのファンクラブにはいっているベビメタファンらとのアイドル談義ですわ(笑)
「お宅(モモクロのこと)は国立競技場2daysを一杯にしてすごいですね〜」
「いやいやお宅(ベビメタのこと)のほうこそイギリスのウェンブリーアリーナを成功させたじゃないですか〜」などど正に"オタク"の語源となったような会話を日々炸裂させています(笑)

ちなみにリードVoのスーメタルは歌がうまいです。
ベビメタ以前のさくら学院というアイドルユニット時代にもこんなことをやってました。
日本語の歌でイギリス人の観客と審査員がスタンディングオベーションです。


いい歳して何やってんの?って声が聞こえてきそうですが、開き直ってこう言います。
ええ、どうせ俺はミーハーですとも
posted by まやの助 at 22:18| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

最近クラシックが来ています!

Vilde FrangのCDを買ってからまやの助の中で
久々にクラシックが来ています。
今回のクラシック熱の波は無調音楽にまで
及んでいます。
時々無調音楽の悪口を書いたりもしてますが(笑)
実は若い頃から無調の前衛音楽を聴いたりしてたんです。
紹介したところで誰も興味を持たないでしょうけど
ボチボチ紹介していきたいと思います(笑)

今回は1939年作で年代的には現代音楽の時代なのですが
作風はロマン派的な超有名曲
ロドリーゴの「アランフェス協奏曲」
ギターとオーケストラという音量的に
あり得ない組み合わせですが、よくもまぁ
ちゃんと曲を作って演奏できたもんだと関心します。
ちなみにロドリーゴは盲目の作曲家でした。
最近まで生きていたと思います。

名手ペペ・ロメロのギターとデンマークのオーケストラの共演
最後がちょっとお茶目で笑える。
マエストロ!ブラボーっす!!

posted by まやの助 at 00:00| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

ええ、ミーハーですとも その3 ヒラリー・ハーンを聴きにいきます。

自分の部屋を録音仕様から創作仕様に模様替えしてますが
とても1日で終わりません。
機材の断捨離もする必要を感じます。

さて5月にヴァイオリニストのヴィルデ・フラングが
東京のみでコンサートをします。
本気で名古屋から遠征して観にいく覚悟をしていましたが、
自分のライブ予定なんかが入ったので断念せざるを得なくなりました。
今度来る時は名古屋にも来ておくれ・・(涙)

愛しのヴィルデの代わりにはなりませんが
ヒラリー・ハーンが名古屋に来ると知ったので
行くことにしました。
演奏家としての評価は非常に高いですよね。
ヴィルトオーゾということになるのでしょうか。
かなり理知的な演奏家のようです。
実際に生で聴いたらファンになるかも知れません。
コンサートまでに予習をしようかな。
posted by まやの助 at 16:58| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

キース・エマーソンも天国へ・・

エマーソン・レイク&パーマーのキース・エマーソン
が亡くなりました。
どうやら自殺だったみたいです。
指が動かなくなる病気にかかっていたそうで
それが原因で鬱病にでもなったのでしょうか?
右手の指が使いにくそうに弾いています。

自他共に認める世界最高のキーボーディストでしたから
指が動かないということは許せなかったのかも知れません。
自分は彼の自殺についてとやかく言う立場にありません。
彼の意思を受け入れる他ないでしょう。
EL&Pで好きな曲Jeremy Bender
この楽しい曲でキースとお別れしたいと思います。
これからもずっと聴き続けますよ!
posted by まやの助 at 22:04| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

クリスタル・キングと音楽美学

また今度昔のフォークミュージックカヴァーライブを
やるのでYou Tubeでネタを漁ってたら
凄いバンドがあったことを思い出しました。
・・・クリスタル・キング・・・
知ってる人には説明不要の強烈なインパクトの
あるバンドでした。
衝撃だった「大都会」


子供だった当時でも凄いヴォーカルだと思ったのですが、
世界の歌手たちを色々聴いて来た現在の耳で聴くと
「凄い」のではなく、「とんでもなく凄い
ハイトーンだと理解できます。
ただ高いだけではなく声が濃密で、コントロールも素晴らしい。
一言で言うと 鳥肌が立つ声 ということ。

田中雅之氏(ハイトーンのほう)のソロも聴いたことがありますが
クリキンの時ほど良さを感じなかったんです。
相変わらずの素晴らしいハイトーンだったんですけどね。
なぜでしょうか?
やはりクリキンの良さはムッシュ吉崎氏との対比なのではないでしょうか?
夕陽が美しいのは光と影が交差するから。
晴れの真っ昼間は明るくて気持ちいいけど詩情には欠ける。
本人達もそれは分ってたんじゃないかな?
黒のムッシュと白のマー坊 愛をとりもどせ!

posted by まやの助 at 21:22| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

遅ればせながらGlenn Freyを偲ぶ。

イーグルスのリーダー、グレン・フライが亡くなって少し経ちました。
昔イーグルスが解散する時グレン・フライが言いました。
「イーグルスは若者のバンドだ。年取ったオヤジがやってたらガッカリするだろ?」
随分潔い人だな〜と関心したものですが、
その後再結成してガッカリしました(笑)
伝説は伝説のままで置いといた方が良かったんじゃないかと・・・

他のバンドでも言えるのですが再結成してもボーカルの声が変わってしまって
良くない場合がほとんどだ。声は年が出る。
個人的な体験の範囲だとイエスのジョン・アンダーソンだけは例外だったな。

イーグルス絶頂期のライブ映像が近年公開され始めています。
まぁ出すの遅過ぎだな。もうあと10年は前に出しておくべきだったと思う。
アンコールでよく歌われた曲って聞いた事があります。
Best Of My Love


Take It Easy

posted by まやの助 at 22:08| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする