2018年06月22日

週末はFrank Zappaの”Black Napkins”を観賞してみよう

ロック史上最高の奇才フランク・ザッパのインスト曲「ブラック・ナプキンズ」を現代のギタリスト、クイン・サリヴァンが弾いてるのをYou Tubeで観た。赤いES-335の音がいい。上手いね〜


こちらがフランク・ザッパ大明神、ギターアンプは電池駆動の小型アンプのピグノーズ。やっぱザッパはギブソンSGが似合うな。カッコイイ!ちなみにピックを使ったタッピングはバグパイプ奏法という技です。
posted by まやの助 at 21:17| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

元フリートウッド・マックのダニー・カーワンが永眠

何度か持ってるCDを大量に処分した事がありますがその中で常に手放さずに持ち続けてるCDの一つにフリートウッド・マックのBare Tree(枯木)があります。これは本当に好きで今聴いてもいい気分になれます。すでに亡くなったボブ・ウェルチの「センチメンタル・レディ」のオリジナルヴァージョンが秀逸。それに負けず素晴らしいのがダニー・カーワンの作品です。繊細で美しい。多分まやの助はセンチメンタルなものが好きなんでしょう。フリートウッド・マックって本来まやの助の好みの範疇に入ってこないタイプのバンドの筈なんですけどなぜか好きなんです。ダニー、美しい音楽をありがとう!

気持ちのいいインスト曲Sunny Side Of Heaven


儚気なヴォーカルが魅力のdust
posted by まやの助 at 17:00| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

フォーレのピアノ連弾曲「ドリー組曲」のエピソード


ラベック姉妹の演奏です。

最近このピアノ連弾曲が好きでよく聴いてます。聴いてるととても幸せな気分になれるんです。フランスの作曲家フォーレが作曲した「ドリー組曲」です。この曲について調べてみるとなかなかの人間ドラマが隠されていました。ドリーというのはフォーレの友人エンマ・バルダック夫人の子供エレーヌの愛称で、そのエレーヌに献呈したのがこの曲です。フォーレとエンマは友人というより愛人関係で、実はエレーヌ(ドリー)はフォーレの娘なのではないかという説があるそうです。他人の子供に曲を献呈するってのも不自然なのでそのような説が出てきてもおかしくないし多分そうなのでしょう(笑)エンマはフォーレと別れた後、二人の子供の音楽教師としてドビュッシーと交流を持つことになります。ちなみにドビュッシーはフォーレの弟子です。そこで今度はドビュッシーとW不倫関係になりドビュッシーの妻は拳銃自殺を図る(未遂)などすったもんだの末、ドビュッシーとエンマは再婚を果たし二人の間に娘が生まれます。その娘クロード=エンマ(愛称シュウシュウ)の為にドビュッシーが書いた曲が名曲「子供の領分」です。ってことはエンマ・バルダックの子供二人はフランスの大作曲家二人から曲の献呈を受けたという話になります。これらの可愛らしく美しい二つの曲にこんなエピソードが隠れていたなんて・・・。ドビュッシーの死後間も無く14歳の娘シュウシュウも病気で亡くなってしまいます。この子も音楽の才能があったらしい。生きていたらどんな人生になってたんでしょうかね?
posted by まやの助 at 08:34| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

ええ、ミーハーですとも この音が好き


マッケンジー・ジョンストンさんだそうです。フィドルの音って録音するとキツく聴こえるんですけどこの動画の音はいい感じ。多分、マイクで直接録った音ではなくマイク→PAスピーカー→撮影者のビデオのマイク、と言うプロセスで音の角が取れたんだと思います。それにマッケンジーさんは指板寄りのポジションでボーイングしているので元の音が柔らかいんだとおもいます。曲名はよく分からないのですが「〜(ここが聞き取れなかった)ホーンパイプ」と言う曲です。自分的には「ホーンパイプもの」と呼んでいますが、この手の曲が大好きなんですよ。もちろんマッケンジーさんも大好きです
posted by まやの助 at 11:40| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

ええ、ミーハーですとも。美女フィドラーは限りなく

前回のエントリーと同じコンテストから。5:41〜マッケイラ・シッピー(18)さんだそうです。腕前は超絶とまでは行きませんが、超絶美人です。後ろでギターを弾いているチェック柄の人はトリスタン・クラーリッジという人ですね。フィドル関係の動画でよく見ます。自身もコンテストの決勝でフィドルを弾いています。clocked stillというバンドではチェロを弾いていますね。ヴァイオリニストVilde Frangのために始めた”ええ、ミーハーですとも”シリーズは美女ヴァイオリニスト(フィドラー)のためのエントリーに進化します!(笑)
posted by まやの助 at 15:13| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

またまた美少女フィドラー発見!



レジーナ・スコット15歳。見ての通りです。何の文句がありましょうか!歌も聴きましたが上手いです。ウチの娘に「こういう音楽でお父さんとライブ活動しない?」って誘ったら「イヤだ」って断られました
posted by まやの助 at 22:32| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

好きなギタリスト”スコット・ナイガード”

久しぶりのブルーグラス系のエントリー。右側がスコットですが弾いてるギターがカッコイイ。マーチンのD-45に見えますがプレストン・トンプソンというビルダーが作ったものらしい。スコットのアルバムを一枚持っていますがとてもイイです。ギタリストとしてもイイのですがソングライティングが素晴らしい。動画の曲はフィドルチューンのスタンダード”ブラックベリー・ブロッサム”数あるフィドル・チューンの中で一番好きな曲です。お楽しみください
posted by まやの助 at 12:00| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする