2017年11月07日

驚異の弦楽四重奏団”モルゴーア・クァルテット”

写真(2017-11-07 13.39).jpg
写真向かって右側がプログレッシヴ・ロックの金字塔キングクリムゾンの「クリムゾンキングの宮殿」そして左側がプログレッシヴロックを何と弦楽四重奏で演奏してしまう日本の”モルゴーア・クワルテット”のアルバム「21世紀の精神正常者」です。近所のレコード店で偶然目に留まったのですが、つい買ってしまいました。内容ですが正に衝撃でした!打楽器もピアノも歌手も居ない編成でよくもここまでロックの熱さが出せたもんだと関心しまくりです!四人の素晴らしい演奏と編曲を担当した第一ヴァイオリンの荒井英治氏に敬意を評したいと思います。演奏会があれば是非行ってみたいです!
posted by まやの助 at 14:05| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

Aimer(エメ)の最新アルバムについて語る


Aimerの最新アルバム「day dream」。買ってからしばらく経つのですがやはり聴き込んでから感想を言いたかったので今のタイミングになりました。一般論ですがお金を払って買ったものは元を取ろうという思いが働きちゃんと聴こうと思いますよね・・冗談じゃなくね。(実はJ-POPの最新版を買うのは中学生以来です)ベスト盤という選択肢もありましたが最新のものを聴きたいのとライヴ動画(初回盤限定ですが)もあるのでday dreamを買いました。想像はできていたのですがday dreamはAimerにしてはハードな音響の曲が多く一番得意なものをあえて封印している印象がありました。
このインタビューを読むとやっぱりなという感じです。前作までの自分の「らしさ」をぶち壊したい、結局それでもAimerらしくなってしまうみたいな・・・。曲を個々に聴いていくとそれぞれ高いクオリティーです。歌も素晴らしい。「カタオモイ」や「声色」は結構好きです。ただ必殺技(今までの自分らしさ)をあえて封印しているので全体的にはイマイチな感じが拭えない。古い例えで申し訳ないがスペシウム光線を使わないウルトラマン、ライダーキックを使わない仮面ライダーみたいな感じです。ビジネス的に言えば新たなビジネスモデルを開拓中って感じです。次への一歩の過渡期的アルバムという立ち位置になるんじゃないかな?Aimerストーリーを追いかけていきたい人には価値あるアルバムですが、必殺技を楽しみたい人は白い方のBest盤を買う方が満足度は高いでしょう。追いかけたくなる歌手ってなかなかいないのですがAimerは正にそれです。そしてこれはAimerに限らず世界中に言えることですが、最近の音楽は音圧が高すぎる!!あまりにもうるさ過ぎて聴いてて不快になる。特にAimerのような音楽にこんな音圧は害でしかない!これは聴きたい人に届ける音ではなく関心のない人の耳を無理やりこじ開けることが目的の音だ。気持ちよくなりたいから音楽を聴くのにその音で気持ち悪くなったら本末転倒でしょ?味付けが濃すぎる料理みたい。これは間違ってる。
ラベル:好きな音楽
posted by まやの助 at 08:54| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

JIGSAWの歌だけライブ

最近はよくJigsawを聴きますが、ライブ映像どころかライブ音源すら全然出てこない。そしてやっと出てきたのがレコーディング音源に生歌を被せた「歌だけ生演奏」。でもこれだけでも聴けて嬉しいですよ。Des Dyerの声が好きです。曲もポップで良い。

こちらは名曲スカイ・ハイ。歌上手いね〜、かっこいい!
ラベル:好きな音楽 動画
posted by まやの助 at 00:04| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

Rachel Flowersのドキュメンタリーができたらしい。


以前紹介したことのある盲目のミュージシャン、レイチェル・フラワーズのドキュメンタリーができたらしい。その紹介のTV番組でピアノの演奏をやってる(6分過ぎから)。Greg's Favoriteという曲ですが、そのGregとはエマーソン、レイク&パーマー(ELP)のグレッグ・レイクのことらしい。このコード感はやはりELP的というかキース・エマーソン的な独特の美しさがあります。ジャズに似た要素もありますね。素晴らしい!やっぱこのような綺麗な音楽を作りたいな(^^)
ラベル:好きな音楽 動画
posted by まやの助 at 09:32| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

ええ、ミーハーですとも 現代音楽を演奏するVilde Frang


基本的にVilde Frangのために”ええ、ミーハーですとも”シリーズは存在するのですが、久しぶりにそのご尊顔を拝見演奏を聴いてみましょう。ベルリンフィル/サイモン・ラトルとの共演でのアンコールっぽいですね。Brustadという作曲家は初めて聴きますがいい感じですね。現代っぽい曲ですが無調音楽というわけでもなく、ちゃんと調性が感じられます。Vilde Frangについては文句なく美しいですよね!・・えっ?何がって?容姿に決まってる演奏に決まってるじゃないですか〜・・・つ〜か最後の笑顔がめっちゃかわいい。
posted by まやの助 at 02:42| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

お〜いいネ!Aimer(エメ)

今日から一週間半夜勤だよ〜やだやだ⤵これを乗り切るにはAimerを聴くしかない!

ラジオでたまたま聴いたんだけどすごくいいですね。Aimerがどれだけ有名なのかは知らないけど多分若い人は知ってるんでしょうね。アニソンから出てきたみたいですがその演出が面白い。一度Mステーションで顔出ししたらしいけど基本的に顔を出さない戦略で、ライブや映像でもハッキリ顔が判らないという特殊なもの(笑)いや〜これは当分ハマりそうだわ。俺の感性もやっと今の音楽に追いつけたのか?
ラベル:好きな音楽
posted by まやの助 at 09:19| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

ヴィジュアル系の源流 T.REX


グラム・ロックと呼ばれたT.REXのGet it on。アメリカでは他にGet it onという曲があったらしいのでBang a gongという曲名にしたらしい。今でいうヴィジュアル系の源流と言えそうです。勢いだけでやってるのが面白いしカッコいい(笑)

日本の映画「20世紀少年」はここから取られたのでしょう。主題歌もこれでしたしね20 th Century Boy。伝説のロックミュージシャンMarc Bolanは占い師に30歳までに死ぬと言われたそう。そして本当に若くして死んでしまった。
ラベル:好きな音楽 動画
posted by まやの助 at 23:18| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする