2011年08月01日

ヴァイオリンのボーイングに悩む

ヴァイオリンとギターの違いは沢山ありますが特に違うものと云えば弓で弦を擦る(ボーイング)とフレットがないということでしょうか。ボーイングは難しい。弾き手から見ると弓が弦に対して直角になっているのか判断しにくいのです。それも少しだけ慣れてきたのですがまだ何かおかしい。E線で弓が滑って鳴らなかったりハイポジションになってくると音が出にくくなってきたのです。その原因は何か?それは弦に対して弓を一定の方向にボーイングできてなかったことでした。文章だけでは説明しにくいのですが弦に対して一定の方向に弓を動かさないと弦がうまく振動できないのです。それに留意して弾いてみたらハイポジションの音がうまくなるようになりました。色々な発見も楽器の楽しみですね。
posted by まやの助 at 22:50| Comment(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする