2011年11月15日

moody blues のダサかっこよさ。

一体何か月ぶりだろう、多分半年ほどぶりの連休になった。やっと疲れがとれるかも手(チョキ)

さて表題のMoody Bluesです。おもに60〜70年代初期に活躍し今も活動を続けています。それだけファンがついているということですね。60年代はヒットを飛ばしまくりました。プログレッシブ・ロックの側面からも語られることが多いバンドですが基本的にはヴォーカル主体のRock Bandでそれほどテクニカルではないのですが、まやの助はMoody Bluesが大好きです。CDで聴くとあんまりHi-Fiでなくナローな音質で曲調もどこか垢抜けないところがあるのですがなぜか心に響くんですよ。ヴォーカル、ギターのジャスティン・ヘイワードの書く曲が特に好き。曲のどこかに気持ちが引き寄せられる要素がはいっている。尊敬するソングライターの一人です。↓の映画のような素晴らしい映像のライブのTuesday afternoons もなんかダサかっこいいんですよね。人の心をつかむ心のある音楽が今でもバンドが続いている秘訣なんでしょうね。

posted by まやの助 at 19:54| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

究極のリリシズム。ラヴェル ピアノコンチェルト

近代フランス音楽でこんな真正面からリリシズムに向かってる曲は珍しいのではないでしょうか?素晴らしい曲だと思います。指揮のチェリビダッケ、ピアノのミケランジェリ共に気難しいことで有名な演奏家ですが夢幻でありながら冴えわたった抒情を聴かせてくれます。ミケランジェリは笑わない男ですね。カッコいいですよ。自分を含めて今の男は笑い過ぎかも知れない。ダンディズムか・・・憧れるな。




posted by まやの助 at 22:10| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

スティーヴィー・ニックス女声VOにハマってみる。

ずっとロックとクラシックばかり聴いていた以前のまやの助はあまり女性ヴォーカルは聴きませんでした。意識して聴くようになったのは5〜6年前くらいからです。もちろんその以前から少ないながらも好きな女性シンガーは居ました。キャロル・キング、グレース・スリック(ジェファーソン・エアプレイン)、そしてスティーヴィー・ニックス(フリートウッド・マック)などです。スティーヴィー・ニックスが好きというよりも紹介するLandslideという曲が好きです。どうもスティーヴィー・ニックスもボブ・ディランのようにライブでは原曲を崩して歌うタイプのようでなかなかいい動画がありませんでした。ライブアルバム
も持っていたのですが、まるっきり原曲と違うメロディーで歌っててがっかりさせられました。この動画は発売当時のライブなので原曲に近いとはいえKEYが変わってるのと既に声のテイストは酒場の歌手って感じですがまぁ良いのはいいです。まるでクリムトの絵画に描かれているような映像は神秘的ですらあります。



こちらが原曲。やはりこちらのほうがイイかな。アコギも美しい音です。ライブではエレアコになるのはしょうがないのかもしれませんがやはりアコギはエアー・マイクが一番です。歌は真空管マイクっぽい音に聴こえますがとてもよく録れてると思います。声に生理的な快感を覚えます。
posted by まやの助 at 07:28| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

グリッサンド・ギターって知ってる?

ここでいうグリッサンドは普通の意味でのグリッサンド奏法とは違います。「グリッサンド・ギター」ですからね。まやの助が愛聴して止まないフランスの多国籍バンドGONGなどでその音が聴けます。正にサイケデリック・サウンドです。GONGに関してはまた一度ガッツリ紹介してみたいと思います。普通知らないでしょう?フランスのGONGって。プログレ好きじゃないと情報アンテナに引っかかってこないと思います。

いい動画がありました。・・・・ではGlissando Guitar聴いてみてください。

posted by まやの助 at 22:53| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

John Fogertyロック・ヴォーカルのレジェンド

まやの助は古いロックが非常に好きなのですがあまり当ブログでは触れてきませんでした。理由は語りだすとキリがないからです。元CCRの中心人物のJohn Fogertyとグレイトフル・デッドの共演です。年代は91年のライブですのでロック黄金期からは随分経ってますが、まだまだレジェンドヴォイスが健在な時期です。さすがのヴォーカルですね!出だしからぶちかましてくれます!なんかうれしくなりました。

posted by まやの助 at 21:41| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

凄いフィドラーBrandon Apple 再び登場

以前にも紹介した最高のフィドラー、ブランドン・アップルです。抜群の安定感がある素晴らしい演奏です。音色も美しい。もっと動画をあげてくれ!もっと観たい!!頼みます。

posted by まやの助 at 11:35| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

バンジョーの達人

昨日近所のアルマジロというライヴハウスのブルーグラスジャムに参加しました。練習もウォーミングアップもせずギターで早いインストをやったらしどろもどろの演奏になってしまいました。やはり速弾きとなるとスポーツのように常々腕を磨いておかなければすぐ錆びついてしまいますね。そこで初めて知り合ったバンジョー弾きの学生の子がまやの助の知り合いのバンジョー弾きを知ってるとのこと。さすがブルーグラス業界は狭い!狭すぎる!(笑)。知り合いのバンジョー弾きは知り合ったときは彼がまだ学生だった頃ですがもうその時点でバンジョーの達人でした。確か怪物くんと呼ばれてたそうです。彼の演奏は正確無比で音がハッキリしててリズムが非常に安定している。いつまでも聴いていたい気にさせるものでした。連絡してみたら、こないだ滋賀のコンテストに出演した動画が上がってるそうなので貼っておきます。他のメンバーの方々の演奏も素晴らしいですね。素敵なバンジョーをお楽しみください。

posted by まやの助 at 21:55| Comment(2) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする