2017年08月18日

Aimer(エメ)の最新アルバムについて語る


Aimerの最新アルバム「day dream」。買ってからしばらく経つのですがやはり聴き込んでから感想を言いたかったので今のタイミングになりました。一般論ですがお金を払って買ったものは元を取ろうという思いが働きちゃんと聴こうと思いますよね・・冗談じゃなくね。(実はJ-POPの最新版を買うのは中学生以来です)ベスト盤という選択肢もありましたが最新のものを聴きたいのとライヴ動画(初回盤限定ですが)もあるのでday dreamを買いました。想像はできていたのですがday dreamはAimerにしてはハードな音響の曲が多く一番得意なものをあえて封印している印象がありました。
このインタビューを読むとやっぱりなという感じです。前作までの自分の「らしさ」をぶち壊したい、結局それでもAimerらしくなってしまうみたいな・・・。曲を個々に聴いていくとそれぞれ高いクオリティーです。歌も素晴らしい。「カタオモイ」や「声色」は結構好きです。ただ必殺技(今までの自分らしさ)をあえて封印しているので全体的にはイマイチな感じが拭えない。古い例えで申し訳ないがスペシウム光線を使わないウルトラマン、ライダーキックを使わない仮面ライダーみたいな感じです。ビジネス的に言えば新たなビジネスモデルを開拓中って感じです。次への一歩の過渡期的アルバムという立ち位置になるんじゃないかな?Aimerストーリーを追いかけていきたい人には価値あるアルバムですが、必殺技を楽しみたい人は白い方のBest盤を買う方が満足度は高いでしょう。追いかけたくなる歌手ってなかなかいないのですがAimerは正にそれです。そしてこれはAimerに限らず世界中に言えることですが、最近の音楽は音圧が高すぎる!!あまりにもうるさ過ぎて聴いてて不快になる。特にAimerのような音楽にこんな音圧は害でしかない!これは聴きたい人に届ける音ではなく関心のない人の耳を無理やりこじ開けることが目的の音だ。気持ちよくなりたいから音楽を聴くのにその音で気持ち悪くなったら本末転倒でしょ?味付けが濃すぎる料理みたい。これは間違ってる。
ラベル:好きな音楽
posted by まやの助 at 08:54| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: