2016年09月12日

Coccoの出落ち

Coccoについて以前に書きましたが
最近CDを買ってよく聴いています。
”クウムイウタ”と”ラプンツェル”ですが
まさかこれほど名盤だったとは・・・・
Coccoがブレイクしてた当時はシングルの
Rainingのみしか持っていませんでした。
それは今でも気に入ってて手放さずに持っています。
そこまで気に入ってたのだからアルバムも
手に入れておけば良かったのに・・・。
もっと突っ込んで言えばCoccoもいいのですが
プロデューサーの根岸孝旨氏の編曲が好きなんだと
思います。
かなりロック寄りの音作りが多いのがいい。
歪んだドラムの音、エレクトリック12弦ギター、メロトロン、
Coccoの狂気を見事に音に昇華させている。
ラプンツェル収録の”かがり火”なんてハードロックそのもので最高!
そこから繋がる美しい”ポロメリア”は名曲。

自分を傷つけながら作って行ったようなCoccoの音楽。
それがそんなに長く続けられる筈もなく彼女は早々と引退してしまった。
今は復帰して現在全国ツアーをしているようですが
昔程激しいアプローチはしないにしろ今でもやっぱり
異質なミュージシャンであることには変わりがありません。

お笑いで言うところの「出落ち」ですよ。
出てきた瞬間から醸し出す異質性。
亀田さんの「だいじょうぶ・・落ち着いて・・・」
といいたげな表情が印象的です。
posted by まやの助 at 21:10| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: