2016年05月22日

ちょっと声の出し方を変えました

録音やビデオで聞く自分の声に違和感を覚えたことは
誰でもあるでしょう。
なんだ!自分の声ってこんなに美しいのか!!
なんて思う人はかなり稀で、
大体はこんな変な声してるのか・・・
と恥ずかしくなったりしますよね。

骨伝導がどうこう等々ありますが
自分の声を自身で判断するのは難しいと言えます。
一番いいのは信頼できるヴォイストレーナーに指導してもらう
ということになりますが、相性の問題もあったりして
なかなかピッタリのトレーナーを見つけるのも
運次第なところもあるんじゃないでしょうか。

最近は自分のライブをビデオに録って観ています。
特に声の出し方を研究するために。
「今回は良かったんじゃないか?」
と思ったライブの映像を観たら
・・・・・最悪だった・・・。
まずは発声を何とかしなければ・・・

まやの助は普段から鼻の調子が良くなく
口呼吸する癖が身に染み付いているようです。
必然、発声時も口からだけ声を
出しているのに近い状態です。
ではなるべく声を鼻に掛けるように発声したらどうか?
・・・声にパンチがなくて大していいとは思わないなぁ〜
という印象でしたが、客観的に判断するために
ビデオに録って聴いてみると・・・・
「おっ!悪くないんじゃないの?」
という印象に変わりました。
鼻には鼻腔という空洞があってそこに響かせる
ということがいいのかも。
空気の圧力弁の役割もあるようで
音程も多少とりやすくなった。
よく考えたら随分前に同じ事を考えたことが
あるのですがすっかり忘れてた(笑)

これからはフランス人にでもなったつもりで
鼻に掛けた声で歌います。
😃
タグ:演奏
posted by まやの助 at 23:26| Comment(0) | 演奏・歌唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: