2016年10月04日

マイクのメンテナンス

最近コンデンサーマイクの一本からノイズが出るようになってきた。
歌うときは嵐の様なノイズがするし
ギターを録ると微妙にフェイザーが掛かっているような音になる。
どうやらマイクのダイヤフラム(振動板)がおかしいようだ。
マイクを分解してダイヤフラムを見てみたら
案の定細かい埃とかで汚れていた。
それを慎重に取り除いて組み立て
歌を録ってみたらノイズは無くなり
音がクリアになった❗
この前のレコーディングで何度録っても
何かおかしいと感じた原因の一つはこれだったのか!
と気付きました。
そりゃダイヤフラムがダメだったら他がいくら良くても
悪い結果にしかなりませんよね。
調子に乗ってSM58のグリルも掃除してみました。
グリルの金属と中のスポンジって取り外せるんですね!
石鹸で洗いましたが相当汚れていました・・・・。
音も大切ですが清潔ってだけでも気持ちがいいですよね!
posted by まやの助 at 00:00| Comment(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする