2016年07月08日

ギターのピッキング方法をちょっと変えてみた

まやの助はギタリストですがあまりギターの演奏法に関して書いてません。
まず、世の中には驚くほど弾けるギタリストが沢山居て
まやの助が語るべきことなどないと感じていること。
もう一つは、今日この方法がイイ!と思っても
数日もすれば意見が変わっている場合がほとんどだから。

まぁこんな感じだからまやの助の独り言として
読んでいただければと思います。
今週から(フラットピックでの)
ピッキング方法を少し変えました。
まだ慣れてる段階ですがいい感じがしています。

それは、ピッキングの際に直接弦を狙わずに
弦の手前の空間を狙ってピッキングするという方法です。
例えば2弦をダウンピッキングする時は
2弦と3弦の間の空間を狙ってピックを振り下ろす。
その結果として2弦がダウンピッキングされるということ。
弾き始めが空間だからタッチも軽く感じます。
直接弦を狙うとV字型にピックの先が動く
それが手前の空間を狙うことによって
幅の広いU字型に動くようになる。
ピッキングの振り幅が大きくなる。
そうするとよくあるピックが引っ掛かる現象が
減るように感じます。

また意見が変わるかもしれませんが(笑)
ラベル:ギター 演奏
posted by まやの助 at 23:14| Comment(0) | 演奏・歌唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする