2015年08月31日

9月の活動予定

暑かった夏も過ぎそろそろ秋ですね。
9月のライブは
・9月5日土曜日夜の日進市椿館
・29日火曜日夜の名古屋アルマジロ
の2カ所は出ることに決めています。
あとは仕事の都合で行けそうなら行くという感じです。

それ以外は音源制作を進めていきます。
久しぶりにリコーダーを使います。
あとはラップスティールギターも導入します。
全然弾けないのですが(笑)
家にあるのと同じラップスティールGibson Century 6

posted by まやの助 at 21:56| Comment(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

レコーディング用にハードディスクを買った

こないだのエントリーで書いたようにUSBメモリーがレコーディングには全く不向きなのが分かったのでハードディスクを買いました。Windowsパソコンのバックアップ用に1台持っているのですがそれと同じ機種にしました。Macのバックアップ用に更にもう1台買わなければいけません。3TBで1万1000円程です。昔に比べると本当に安くなったし要領がデカくなりました。せっかく投資したんだからガッツリとレコーディングしなければいけません。そのために楽器の練習しなくちゃあせあせ(飛び散る汗)
posted by まやの助 at 21:51| Comment(0) | レコーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

名古屋アルマジロのアコースティック・ナイトUに参加2015年8月25日

毎月参加しているライブハウス"アルマジロ"のアコナイUで3曲演奏しました。
他の常連さん達とも徐々に打ち解けて来て和気あいあいのムードです。
まやの助がリスペクトしているユニット”ユング・フラウ”のギタリストの方がエレアコにe-bowを使っていました。チェロっぽくて不思議な感じが面白かったです。
もう一つの男女ユニット”いぬさふらん”さんが新曲のCDを出したんで買いました。前作よりも録音が良かった。いい雰囲気の曲でした。

幻想歌曲”ただよい”


ギター・インスト”コアラの散歩”
posted by まやの助 at 00:47| Comment(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

USBメモリーはレコーディングには全く不向き

今日久しぶりに自分の時間が取れたのでレコーディングをすることにした。
今回はギターをステレオ録音するのでセッティングが大変。
最近の録音はUSBメモリーにしているのですがどうも調子が良くない。
録音トラックが増えてくると録音ができなくなる時がある。
今までも多少そんな事はあったが、今回はひどい。
よく考えたらUSBメモリーに録音するようになってから
モノラルでしか録ったことがありませんでした。
今回はステレオなので2トラック同時録音になるのですが
どうもそれがネックになってるっぽい。
ネットで調べてみたら
USBメモリーって読み込みは速くても書き込みはかなり遅いそうですたらーっ(汗)
フラッシュメモリーってハードディスクより速いんじゃないかと勝手に思ってましたが
大間違いでしたがく〜(落胆した顔)
posted by まやの助 at 17:31| Comment(0) | レコーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

歌うギタリストをシンガーとして聴いてみる。その2( Ry Cooder)

ギタリストとしての評価は高いが歌唱に関してはあまり語られる事がない”歌うギタリスト”のヴォーカルに焦点を当てる企画。今回はスライドギターの名手Ry Cooderです。

ライが若い頃の歌に関してはあまり上手いとは思いませんでした。
シンガー特有の鍛えられた声じゃないんですよね。
でもその下手な歌が結構味があっていいんですカラオケ



イントゥー・ザ・パープルヴァレー、パラダイス&ランチ、チキンスキンミュージックなどのアルバムは大好きです。

昔ある先輩ミュージシャンの家でRy Cooderのライヴビデオがあるというので観せてもらいました。
80年代後半のライブですが、観てビックリexclamationライの歌が上手いexclamation×2
最早完全にシンガーの声になっている。
そこで思いました。「・・・歌って上手くなれるんだ」
現在まやの助が歌うことを始めたのもこのライの歌の上達を見たからに他なりません。
パワフルなRyのヴォーカルをお楽しみください。
ここではメンバー紹介演奏を含んだDown In Hollywoodを上げておきます。
細野晴臣氏が敬愛するピアニスト、ヴァンダイク・パークス。ジョージ・ハリスンのバングラディッシュコンサートで叩いていたジム・ケルトナー。テックスメックスの重鎮フラーコ・ヒメネス。などそうそうたるメンツでのライブ。グルーヴするリズムというものがどういうものか知りたければこれを聴いてみて下さい。

posted by まやの助 at 22:49| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

アルバム制作に着手した。

アルバム制作に着手しました。
まずは一番手間が掛からないアコギインスト曲から始めます。
メロディーを弾く練習をしています。
今日少し録音しようと思ったのですが、
「・・・あれっ?バッキングギターの練習をしてなかった!」
ってことに気付いたたらーっ(汗)
大して難しいバッキングではないのですがレコーディングだと完璧な演奏が求められます。やはりしっかり練習していないと録音は無理だと思いました。
地味にバッキングギターの練習からやっていきます。
posted by まやの助 at 15:31| Comment(0) | レコーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歌うギタリストをシンガーとして聴いてみる。その1(トニー・ライス)

ギターを弾きながら歌うミュージシャンは沢山居ます。
スタンスとしては
・歌に軸足を置いたシンガー
・ギタリストとして評価が高いシンガー
・上記のハイブリッド
ここではあまりシンガーとして取り上げられない
ギタリストとして評価の高いシンガーに着目しようと思います。

今回はブルーグラス・ギターのカリスマ、トニー・ライスです。
何度も当ブログで紹介しているトニー・ライス。
90年代に喉を壊してしまい歌えなくなってしまいました。
「トニーはギタリストとして最高なんだから歌えなくてもギターだけで大丈夫」
などと思っていましたが実際はかつての輝きを失ってしまいました。
そこで気付きました。
「トニーにとって歌う事はギターと同じ位重要なことだったんだ」と
まやの助が昔やってたバンドのリーダーが「トニーが人気あるのは歌も歌うからだ」と言っていた。当時はそうかな〜?と思っていましたが、今はそれが正しいと思っています。

トニーのヴォーカルの魅力はクール且つ端正な声と歌い方。
歳を重ねると渋さも加わってきました。
ゴードン・ライトフットの作品をよく取り上げています。
「朝の雨」
「ホーム・フロム・ザ・フォーレスト」
お楽しみください。



posted by まやの助 at 08:49| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする