2017年09月20日

音源とマイクの距離はどれくらいが適切なのか?

休日にやっと時間が取れたんで歌を試し録りした。マイクと口との距離で声(音)の聞こえ方の違いを試してみたかったから。今まで歌の場合20cm以内で録ることが多かったのですがその声(音)が不自然で扱いにくい音のように感じていました。まず30cmで録ってみた。おっ!イイ感じ!音像が小さくなり他の音とも馴染みやすいように感じます。30cmだと部屋の響きも少し入ってきますが家の環境ではあまり気になりません。

マイクプリアンプで声を少し歪ませると押しの強い音になりますがそれでもウザくありません。少し歪ませた声っていいんですよね〜。こういう音を作るのにはKORG TP-2のようにコンプレッサーと一体になっているマイクプリが良い。TP-2は歪み成分を付加するために増幅の後段に真空管が入っていますが、所有するもう一つの真空管マイクプリのBRICKは増幅そのものを真空管で行なっているヴィンテージスタイルのもの。よく真空管ものは音が太いと言われますが単に低域の成分が多いだけならICを使ったアンプの音にEQを掛ければ同じになるはずですが実際はそうはならない。ですから単に周波数特性の違いだけではないということですよね。真空管の方が整数次倍音を強調するって聞いたことがありますし何よりも音のアタックが鋭くなり過ぎないところが耳に優しい。・・・脱線しました・・・

次は40cmで録りましたが更に音像が小さくなり他の音と馴染みやすい音になりました。周りの響きも更に入ってきます。今回はこの音で全然OKでした。まあこんなことはレコーディングのイロハの「イ」なので何を今更?みたいな話ですがマイクと音源との距離はレコーディングの肝ですね。前に出したい音はオンマイク、後ろにしたいものはオフマイク。マイクとの間の空気を挟む量(距離)で音像と音質をコントロールする。初めからそれぞれのパートの音の置き場が分かっているなら録りの段階のマイキングでふさわしい音を録るのがベストですよね。こんなことを考えているのが楽しいわ〜笑
posted by まやの助 at 07:46| Comment(0) | レコーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

薄いピックを買った

ギターのフラットピックの厚みで音が変わるのはギタリストであれば皆さん知っていますよね。薄いと明るくてシャラ〜ンとした音で、厚いと暗くてガツン!とした音になる傾向があります。ある程度の速さでシングルノートを弾こうとすると厚みがあって硬いピックの方が弾きやすい傾向にある。薄いピックだとしなって弾きにくい。だからハード以上の硬さのピックしか持っていなかったのですが薄い方が音がいいという話もあるので買って弾いてみたら・・・確かに音がいい!音に張りと色気がある!いい音フェチのまやの助としてはこの音を捨てるわけにはいきません!このよくしなるピックである程度の速さで弾けるように練習しようと思います。
ラベル:ギター
posted by まやの助 at 22:14| Comment(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

一人でハモリを録ってみた


最近のライブでよく歌ってる夏の終わりの歌「ただよい」という曲の終わりのハモリを久しぶりに録ってみた。ライブで弾き語りだとこういう表現ができないのでつまらない。録音自体が久しぶりだがいつも音が厚ぼったくなってしまうな〜。ミキシングって難しいっす!
posted by まやの助 at 23:45| Comment(0) | 作品試聴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

音楽活動の時間がなかなか取れません(笑)

ここんとこの勤務状況は、6日連勤、1日休み、7日連勤、1日休み、6日連勤(内4日は夜勤)てな具合で休日も用事ばかりで休みになってない。これで他に何かやれっていっても無理がありすぎます。世の中にはこれより悲惨な状況の方々が沢山いるんでしょう。自分も以前はこれの倍くらいキツイ状況でした。元気で幸せにはやってるんですがもう少しこの状況を改善したい。やっぱ頭を使うことって時間が必要ですからね!
posted by まやの助 at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

近況報告

21325673_534453870228811_740238302_n.jpg
毎度の話ですが忙しくてなかなか更新ができません。今週は夜勤も入ってきて生活のリズムが狂いがちです。でも調子は絶好調なんですけどね!最近はギターに対しての関心が高くなってきてます。友人のハミングバードさんのバンドでエレキギターを弾くようになったのが大きいです。毎日馬鹿みたいに弾いてますよ(笑)他にはオリジナルのダイエットプログラムをやっています。それは体重計に・・・・・・・・・乗らないダイエット!ダイエットというとまず体重計に乗って体重を管理するというのが大前提になっていますが、経験上体重計に乗るという行為は諸刃の剣なんです。乗ってみて意外と体重が減っていた時に「なんだ、これだけ減っているんならもうちょっと食べても大丈夫だな」と食べることを正当化してしまうんです。だから思い切って体重計に乗らずに自分の身体が感じることを信じてみようというコンセプトです。これは合う人合わない人がいると思いますが自分には合ってるように感じています。たまに体重計に乗ると毎日乗ってた時より減っていますからね。おっと!作詞をするのを忘れていた!もうあまり深く考えずにさっさと完成させてしまいたい・・・。
ラベル:日記
posted by まやの助 at 12:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

ギターの練習が楽しい

最近エレキギターの練習が楽しい^ ^休日で自由になる時間はずっと弾いています。実は数年前からギターに対する情熱を失くしていたのですがまた復活してきた。ピッキングのやり方を色々工夫したら今までより楽に弾けるようになりました。ただ間違ってもギター欲しい病が再発しないように気をつけないと 、、。
ラベル:ギター 演奏
posted by まやの助 at 11:57| Comment(0) | 演奏・歌唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

Aimer(エメ)の最新アルバムについて語る


Aimerの最新アルバム「day dream」。買ってからしばらく経つのですがやはり聴き込んでから感想を言いたかったので今のタイミングになりました。一般論ですがお金を払って買ったものは元を取ろうという思いが働きちゃんと聴こうと思いますよね・・冗談じゃなくね。(実はJ-POPの最新版を買うのは中学生以来です)ベスト盤という選択肢もありましたが最新のものを聴きたいのとライヴ動画(初回盤限定ですが)もあるのでday dreamを買いました。想像はできていたのですがday dreamはAimerにしてはハードな音響の曲が多く一番得意なものをあえて封印している印象がありました。
このインタビューを読むとやっぱりなという感じです。前作までの自分の「らしさ」をぶち壊したい、結局それでもAimerらしくなってしまうみたいな・・・。曲を個々に聴いていくとそれぞれ高いクオリティーです。歌も素晴らしい。「カタオモイ」や「声色」は結構好きです。ただ必殺技(今までの自分らしさ)をあえて封印しているので全体的にはイマイチな感じが拭えない。古い例えで申し訳ないがスペシウム光線を使わないウルトラマン、ライダーキックを使わない仮面ライダーみたいな感じです。ビジネス的に言えば新たなビジネスモデルを開拓中って感じです。次への一歩の過渡期的アルバムという立ち位置になるんじゃないかな?Aimerストーリーを追いかけていきたい人には価値あるアルバムですが、必殺技を楽しみたい人は白い方のBest盤を買う方が満足度は高いでしょう。追いかけたくなる歌手ってなかなかいないのですがAimerは正にそれです。そしてこれはAimerに限らず世界中に言えることですが、最近の音楽は音圧が高すぎる!!あまりにもうるさ過ぎて聴いてて不快になる。特にAimerのような音楽にこんな音圧は害でしかない!これは聴きたい人に届ける音ではなく関心のない人の耳を無理やりこじ開けることが目的の音だ。気持ちよくなりたいから音楽を聴くのにその音で気持ち悪くなったら本末転倒でしょ?味付けが濃すぎる料理みたい。これは間違ってる。
ラベル:好きな音楽
posted by まやの助 at 08:54| Comment(0) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする